Loading...
  • 国名 日本
  • エリア 伊勢志摩

創立記念日と結婚記念日が、伊勢志摩と真珠で重なった日
30 年間有難う、そして、これからもよろしく

会社を立ち上げて、30 年。

そして、それと同時に結婚して30 年。

その他にも、今年は、いろんな喜びごとが重なる。

シフトの都合で、一泊二日の駆け足の旅になるが、

ここは、30 年を記念して、

日本人すべての「総鎮守」である、お伊勢様にこの30 年の幸せの「お陰参り」と洒落こもうと社長が決めた。

お伊勢様のお陰、五穀豊穣。原料になる農作物に恵まれ、わが社は反映している。

最初は家族を中心にした小さな会社も、今では社員50 人を擁する中堅の食品製造会社として信頼を得ている。

中小企業として波風がなかったと言えばウソになるけれど、勤続30 年の生え抜きの社員もいる。

ベトナムからの技能実習生に、新卒の社員。社員の年齢差も国際性も、そしてジェンダーも様々ながらかみ合っている。

30 年の感謝を込めて、すべての費用を社長持ちということで、感謝の旅に出るのだ。

ちょっと昭和の慰安旅行チック。

けれど、従業員の家族の参加もあり。令和は令和なりの旅にしなければならない。何台かのバスを連ねての旅をする。

休憩の度に、社長は、バスチェンジ。

旅の間は、本当に無礼講。開業当時に戻って、ざっくばらんに語り合う。家庭での一コマも聞き漏らさない。

そうこうしているうちに、伊勢神宮到着。

より天照大御神(あまてらすおおみかみ)の近くでご挨拶したいという社長の希望から、

天皇陛下、皇族さながら、御垣内参拝(みかきうちさんぱい)で感謝の気持ちを捧げた。

そして、伊勢志摩ならでは、海女小屋で絶品の海鮮を。

うちの仕事形態柄、なかなか、メニューに海鮮を加えることはできないから、お客様には失礼して、本物の海鮮の味を存分に楽しむ。

けれど、従業員も家族も総動員で来るミッションは、この旅の中に伏線として張り巡らせている。

お伊勢さんは、三重県にある、言うまでもないが。

三重県と言えば、松阪牛…

残念ながら松阪牛を材料にすると儲けがでない…。

なので、新製品の「鶏焼き肉弁当」の核になるタレ探しだ。

一応想定としては、味噌なのだが、この旅の中で食べたもの触れたものの中にいいヒントがあれば採用したいと思っている。

もちろん、採用された社員と家族には、後日豪華な報奨を予定している。

今回の旅は、その他にもいろんなアニバーサリーイベントを仕込んでいる。

昭和なことはしない。宿は全館貸し切り。家族単位の部屋割り。

女性がホステスしなければならない宴会にはしない。

逆に、男性が動くことが決まり事項。

30 周年のセレモニーの開始。

司会というか立会人は、工場長。

シャイな彼は朝から緊張しっぱなしのようだ。

1 人1人、この30年を振り返るスピーチ。

まだ、30 年生きていない技能実習生の子たちは、ベトナムの歌を一生懸命に歌ってくれた。

スピーチにも歌にも、琴線が揺さぶられ、みんな泣いている。それは喜びの涙。

この30 年間にあったあれやこれが、映像ででもずっと流されている。

あの時実はこうだったのよと話す家族もいるだろう。

すべてが、感謝の30 年。社長夫妻が、今年結婚30 年を迎えるとも知った。

「真珠婚」という名の記念日になるということも...。

社員たちには、もう一つだけ秘密のミッションがある。

社長夫人に本真珠のネックレスをサプライズで贈ること。

50 人の社員、雇用年数割をして、費用は捻出した。

伊勢志摩に行き先が決まった時、社員から自発的に出た案。

決して押しつけなんかじゃない。みんな母親思いなのだ。

そう、社長夫人は、我々社員の母でもある。

創業当時から会社を支え続けた。今なお社員の家族の悩み相談所をさりげなくしている。

ゴッドマザー、ビッグマザー。

あのきれいなデコルテにぴったり合った本真珠のネックレスをプレゼントする。

きっと社長はあとで、「俺が全部持つよ」と言うだろう。

だけど、これだけは譲れない。

天然の本真珠は長い年数をかけて採取される。

そして、その真珠を、これから先の30 年「今のままの輝き」を持たせるためには、こまめな手入れが必要。

数年に1 回は繋いでいる糸を交換しなければならない。

みんなに気を配って笑顔を絶やさない社長夫人ならそれができる。

社長夫妻がこの会社を始めなければ、この30 年はなかったわけで、この旅もなかった。

感謝には、感謝を。感謝には、楽しい旅を。

今日は、創立記念日と結婚記念日という2つの記念日が伊勢志摩と真珠で繋がった。

PHOTO&VIDEO

伊勢志摩は真珠養殖に世界で初めて成功した場所。リアス式海岸の入江は、潮の流れが穏やかで水深が深い。さらに温暖で自然豊かな伊勢志摩国立公園の山々から海へ流れくる水は、栄養豊富でプランクトンが豊富なため、良質の真珠を生産する条件が整う。
伊勢名物のあんころ餅は、江戸時代から続く味。
お蔭参りが流行した江戸時代、全国へ広がった伊勢音頭で「伊勢へ行きたい、伊勢路が見たい、せめて一生に一度でも」と歌われ、人々は伊勢への憧れを募らせた。その憧れと崇敬の心は、時代が経ても変わることはありません。現在も日本全国から多くの方が伊勢を訪れ、内宮と外宮を合わせると1 年間に約800 万人の方がお参りされます。
伊勢志摩地域には約1,300 人の海女が海女漁を営んでいます。海女漁とは、素潜りで海に入り、あわび、さざえ、うになどの貝やわかめ、ひじき、あらめ、てんぐさなどの海草をとる漁法のことです。日本の古書にも記述があるほど歴史があり、日本の生活文化となっています。海女小屋では、そんな海女さん達が、伊勢海老やアワビなどの炭焼きでお客様をもてなします。
伊勢志摩の郷土料理「てこね寿司」は、旬の鰹や大葉、新生姜を混ぜ込んだ、手軽なお寿司料理。
創立記念日 Anniv. of Foundation.pdf
創立記念日と結婚記念日が、伊勢志摩と真珠で重なった日
30 年間有難う、そして、これからもよろしく

CONTACT US

ボスのこだわりMICEの「創立記念日 Anniv. of Foundation」について、
詳しく知りたい方は、こちらからお問い合わせください。

CONTACT FORM

OTHER LOCATION

瀬戸内 社員研修 Employee Training

Setouchi  シーマンシップ式、新卒研修@瀬戸内
ヨットから人間社会で生きる基本的な姿勢を学ぼう
国名 日本
エリア 瀬戸内
VIEW MORE

海外会議 Kaigai-Meeting

Amanfayun  お茶でもてなす中国式ミーティング
日本人と中国人の役割分担で最強コラボレーション
国名 中国
エリア 杭州
VIEW MORE

報酬旅行 Incentive tour

North pole  極地探検クルーズ船をジャックせよ
長生きより、旅をしたものはそれ以上を知る
国名 北極
エリア 北極圏
VIEW MORE

社員旅行&研修 Business Trip

Desa Potato Head  進化系ビーチクラブのライフスタイル
目指すのは焼き直しではなく、アイデアと独創性
国名 インドネシア
エリア バリ島
VIEW MORE

海外会議 Kaigai-Meeting

Cambodia  カンボジアのジャングルで青空会議
ボーダレス!ジェンダーレス!エージレス!
国名 カンボジア
エリア シアヌークビル
VIEW MORE

企業イベント Event

Sicily  ゴッドファーザー(会長)の卒業式
偉大なる父(DAD)に感謝の気持ちを込めて
国名 イタリア
エリア シチリア
VIEW MORE

報酬旅行 Incentive Tour

Italy  フェラガモ家が蘇らせた夢の理想郷へ
イタリア式の豊かなライフスタイルを贈ります
国名 イタリア
エリア トスカーナ
VIEW MORE

キックオフ会議 Kick-off meeting

Okinawa  新規プロジェクト作戦会議@沖縄
別荘を持つ人たち、持ちたい人たちの思いを探れ
国名 日本
エリア 沖縄
VIEW MORE

経営陣研修 Boss Training

Monaco  モナコ式SDGsで、輝かしい未来へ!
レスポンシブル・ラグジュアリーとは何か?
国名 モナコ
エリア モンテカルロ
VIEW MORE
GO TO TOP